スポーツをやっているとタバコがおいしく感じます。

スポーツをやっているとタバコがおいしく感じます。

大都市圏の生活でスポーツを思い立った元気な高齢者の工夫

お金を出せば何でもサービスしてくれて、一見して便利な社会になったこと及び大都市圏には自宅周辺に手軽に遊べたり、運動できる公園や空き地がすっかり減ったこと等が影響して大人も子供も屋外で動き回る機会が減りました。日常的にスポーツしようとすれば会費を払ってスポーツジムやスポーツクラブに参加しなければならないので、自分の空いた時間にお金をかけずに好きな種目をやりたいと思ってもそうできないのです。大都市圏へ人口が依然として移動している状況ではこのようにスポーツしようと思っても思い通りにならない現実社会に直面しているのです。

このような状況では時間的に余裕のある高齢者が増えていても気ままな生活をしたがる高齢者が多いせいか、健康維持を図ろうとスポーツを始めようと思い立っても足がなかなか上がらないようです。せいぜい、市町村各地に整備されている地域包括支援センターへ行って介護予防的に軽い運動を行う程度なので、元気な高齢者はもう少しのびのびとお金のかからないスポーツを楽しみたいと願っているので、不満が残っているようです。その行き着いた方法が自宅周辺のウォーキングやジョッギングだと思っています。更にもう少し、エネルギッシュに動き回りたいと思う高齢者は折り畳み自転車を持参して自宅から少し離れた場所をサイクリングするような工夫をしているようです。

Copyright (C)2017スポーツをやっているとタバコがおいしく感じます。.All rights reserved.