スポーツをやっているとタバコがおいしく感じます。

スポーツをやっているとタバコがおいしく感じます。

筋力トレーニングでスポーツ力アップ

スポーツでいい成績を出したい、過去の自分を超えたい、ライバルを倒したいと、スポーツを取り組む人が思うことは自然のことです。例え競争がなく自分一人で楽しむスポーツであっても、昨日までの自分に勝ちたいと思って自分自身が競争相手になることは珍しくありません。つまりスポーツをするということは対戦相手やライバルがいようがいまいが、競争心を駆り立てる要素があります。

そのため技術などを含め競技能力を高めるため、競技練習に励むことは大切です。サッカーならドリブル練習、シュート練習などボールを扱う能力、クライミングならコース取り、足や手の使い方など向上させる必要があります。マラソンなどのランニングでは長い間走れる持久力トレーニング、早く走れるようにするペースアップ走などの練習方法があります。そしてこのような技術練習のほかに重要になるトレーニングに筋力トレーニングがあります。運動を行う以上、日常生活より大きな力を発揮する筋力が必要になってきます。競技に必要な筋力が不足していると、怪我につながります。

筋力トレーニングの王道であるビッグスリーというメニューがあります。胸を鍛えるベンチプレス、足腰を鍛えるスクワット、そして背筋や足腰を鍛えるデッドリフトをしっかり行うことが大切です。フィギュアスケーターやマラソン選手、バレーボール選手、卓球選手など体の線が細いイメージのある選手も必ずビッグスリーを鍛えています。筋力トレーニングをすることによって競技力向上だけでなく怪我予防にも大きな効果に繋がります。まずは自重で腕立て伏せとスクワットから始めてみましょう。

関連リンク

Copyright (C)2017スポーツをやっているとタバコがおいしく感じます。.All rights reserved.